仕事

紹介予定派遣で働いて直接雇用を断りたい!断り方の4つのポイントとは?

 

紹介予定派遣で働いていると、

 

「会社の社風と合わない」

「人間関係が悪い」

「思っていた仕事と違う」

 

という理由で派遣先の仕事を辞めたいと思ったことはありませんか?

 

直接雇用が前提の紹介予定派遣であるため、紹介予定派遣として働くと、自分から断るなんて出来ないよ・・・。

 

と不安に思う人は多いのではないでしょうか?

 

 

この記事では、紹介予定派遣で働いたものの、直接雇用を断った経験がある僕が、紹介予定派遣の断り方を教えます。

 

記事を読み終えると、紹介予定派遣で働くことに対するハードルを下げる事が出来るでしょう。

紹介予定派遣から直接雇用を断りにくい理由とは?

まずは、紹介予定派遣から直接雇用を断りにくい理由をあげていきましょう。

直接雇用を前提とした面接を通過しているから

一般派遣でも面接はありますが、紹介予定派遣は直接雇用を前提とした面接になります。

 

つまり、派遣の面接でありながら、転職活動の面接と何も変わらないのです。

 

その面接を通過して、双方が合意した上で働いているので、

 

この地点で、直接雇用になる確率はかなり高くなります!

 

紹介予定派遣のイメージは、派遣先から断ることケースが多いと思われがちですが、面接を通過している地点で派遣先は直接雇用に向けた準備を進めているので、派遣社員の方から断るケースがかなり多いです。

 

職歴に傷がつきやすくなるから

正社員を目指している人は、短期間で何度も職を転々とすると、転職活動に大きな影響が出る事を気にするのではないでしょうか?

 

僕も派遣社員として長く働いていたので、ただでさえ履歴書の職歴欄が埋め尽くされているのに、紹介予定派遣を辞めるかどうかかなり迷いました。

 

紹介予定派遣は一般派遣と違って、最長6か月しか契約が出来ないので、何度も紹介予定派遣をやっては断り続けると、正社員の道はどんどん遠ざかるのかな?と思います。

直接雇用のチャンスを提供してくれたことに対する罪悪感

特に派遣から正社員を目指すのはなかなか難しく、せっかく正社員のチャンスを与えてくれたのに、それを裏切るという罪悪感に悩む人は多いのではないでしょうか?

 

もし、直接雇用を断ったら二度と紹介予定派遣を紹介してくれないのではないか?という心配はあると思います。

 

しかし、紹介予定派遣は転職活動と違い、実際に働いてマッチングするシステムなのでそこまで気にする必要はないと思います。

スポンサードリンク

紹介予定派遣の断り方の4つのポイントは?

人間関係が悪いはNGワード

会社の人間関係を理由に紹介予定派遣を断るのはやめた方がいいです。

 

なぜなら、僕が人間関係に悩んで、社風もまったく合わなかったことが原因で辞めたのですが、辞めるのに時間がかかってしまったからです。

 

僕の場合、3か月の紹介予定派遣期間を経て、正社員雇用の予定でしたが、開始1ヶ月で限界がきてしまいました。

 

そこで、営業担当の人に

 

「人間関係に馴染めずにやめたいんです・・・・」

 

と電話で打ち明けたら、

 

「どこの会社にも合わない人間はいるので、そんな考えではどこの会社にいっても失敗しますよ

 

と言われました。

 

それならとガマンして働いていたのですが、派遣先の人からの評判もそこまで良くない中で、派遣開始3か月後、

 

「もう、3か月延長して判断したい」

 

まさかの契約延長で、内心派遣先からお断りの連絡かと思っていたのでびっくりでした。

 

しかし、僕は辞めたい気持ちが強く、この時も人間関係が良くならないことを強調したのですが、

 

「派遣先から3か月延長と言われているのですから、まだ見込みがあると思われているはずですけど・・・」

「残り3か月で判断したらいかがですか?」

 

と言われ、しぶしぶ続けることになりました。

 

そして、3か月後

 

「直接雇用は出来ないけど、派遣として働いてほしいとの事でしたが」

 

「僕は、正社員として働くために紹介予定派遣で働きましたので、それなら正社員としての求人を探したいです」

 

こういう理由で断りました。

 

派遣元は紹介予定派遣から直接雇用になると紹介料がもらえるので、ほとんどの場合、継続および契約させる方向にもっていきます。(営業担当からすれば、自分の業績に大きな影響が出るので)

 

最終的に紹介予定派遣後は最大6か月なので、紹介予定派遣後に、一般派遣として働いてもらうという方法は、営業担当の意地といいますか、かなり派遣先に説得していたことが予想されます(苦笑)

 

営業担当に連絡はこまめにするべき

紹介予定派遣を辞めたいときは、まずは派遣元の営業担当に連絡をとることをお勧めします。

 

なぜなら、定期面談時に契約を断る方に持っていきやすいからです。

 

定期面談は契約開始1ヶ月後や契約終了2週間前~1ヶ月前に行われることが多く、そこで派遣先からの評価を聞いたり、営業担当と次の契約に関する話し合いがあります。

 

そこで、普段からこまめに連絡していれば、営業担当も断る可能性を想定したうえで話が出来ます。

 

しかし、僕は定期面談時にしか会話をしなかったので、営業担当からの継続の圧に屈してしまいました。

 

また、紹介予定派遣は直接雇用を前提としているので、どうしても派遣先で孤独になると辞めたいという気持ちになりがちなので、営業担当と話す事で、営業担当と派遣先で現状をすり合わせて、そこから派遣先の人と風通しがよくなるケースもあります。

 

派遣先で働けない理由を言う

これは、自分が辞めたいのに、派遣先から直接雇用の申し出、もしくは紹介予定派遣期間の延長を言われた時の対応になります。

 

僕の場合、紹介予定派遣後に派遣として継続する打診をされたが、これは正社員を目指すプロセスではないので断る理由は簡単でした。

 

一番は、派遣先で働けない理由を述べるのが一番手っ取り早いです。

 

なぜなら、人間関係が悪いという理由は、派遣先に限らずどの会社に行ってもあり得ることなので、営業の担当を納得することは難しいからです。

派遣先で働くことが出来ない理由として、

・実家に帰らないといけなくなった

・うつ病になってしまった

・仕事内容が合わなかった

・他にやりたい仕事がみつかった

などがあります。

嘘は極力つかない方がいいですが、派遣先で働けない理由を述べることを意識して答えを準備しておきましょう。

派遣期間中に辞める事は絶対NG!

直接雇用を断ることは派遣社員の権利であって、派遣先に気を使う必要は何もないです!

 

しかし、派遣期間中に辞めることだけは絶対にしないでください。

 

派遣社員が一番やってはいけないのは、契約を破る事です!

 

派遣先からすれば、派遣社員が期間中に辞められると、派遣元に対する印象はかなり悪くなります。

 

最悪、派遣先と派遣元の契約解除という事態に発展しかねません。

 

そうなったら、派遣元は契約期間中に辞めた派遣社員に仕事を紹介したいと思いますか?

 

僕なら、お断りです!

 

派遣社員が派遣先を見極められると言っても、最低限のルールを守れないと次の紹介予定派遣の求人に応募することは出来なくなりますよ。

まとめ

ここで、紹介予定派遣から直接雇用を断るときのポイントを以下にまとめますね。

紹介予定派遣から直接雇用を断るポイント

・営業担当との連絡はこまめにしよう

・派遣先で働けない理由を準備しよう

・派遣期間中の契約はきちんと守ろう

上の3点をおさえることが、直接雇用をスムーズに断る方法ですね。