スロット

スロットで200万借金がある30代独身男が、返済に悩む人に言いたい事

 

 

ギャンブルがきっかけの借金を返済する方法に悩んでいませんか?

 

ギャンブルで借金なんて、家族や友達に言えないよ・・・。

 

辞めたいけど、スロットうちてーーーー。

 

今日もまけてもうた(怒)。明日こそ、明日こそ取り返してやる。

 

借金返済も大事だけど、人生息抜きも大事、大事。

 

 

というように、ギャンブルでの借金は中毒性があるため、かなり厄介ですよね。

 

僕は、スロットで借金200万近く抱えていますが、実はギャンブル依存症から抜け出しているわけではありません。

 

また、ギャンブルでの借金は、周囲からの印象が最悪で、

 

家族がいれば離婚や勘当。

 

給料日にスロットを打って、1週間もしないうちにすっからかんで、お金を借りる。

 

友達や家族との約束を破ってまで、お店に行ってしまう。

 

というふうに、借金返済という重りと人間関係の重りという、二重苦をかかえることになります。

 

 

この記事では、ギャンブルでの借金に悩んでいる人に、kazu流のギャンブルと借金との付き合い方について教えます。

 

 

記事を読み終えると、スロットやパチンコといったギャンブルでの借金に対して、前向きな気持ちで借金を返済できます。

 

借金を返す2つの方法

借金を返すには、

 

・収入を増やす。

・無駄金を使わない

 

この2つ以外ありません。

 

ほとんどの人は、無駄金を使わず節約節約という考えで、何とかお金を抽出して借金返済にあてていると思います。

 

もちろん、大前提として節約することは大事なのは分かりますが、それ以上に大事なことがあります。

収入を増やす事を意識した方法が良い理由

節約することよりも収入を増やす方に意識を向けるべきです。

 

なぜなら、あまりに我慢、我慢の生活をすることは、禁スロ、禁パチをしていても何かの反動で、よりギャンブルにのめり込んでしまうからです。

 

kazu
kazu
  ストレスがたまるほど、スロットうちたくなるのは、スロッターあるあるだね。 

給与を増やす

まず、収入を増やすと聞くと、真っ先に思い浮かぶのが会社の給与を増やす方法。

 

会社員が給料を増やすには、給料が多い会社に転職、資格やスキルをあげて手当を増やす、昇給、賞与があります。

 

しかし、会社員が給料を増やすには以下の記事をみると分かるが、割に合わないです。

[blogcard url=”https://hukugyo-runner.info/work/syokyu″]

 

上の記事のように、昇給が5000円だったとすると、年間6万円しか年収があがりません。

 

勿論、残業手当なども変わるので一概に言えませんが、税金も多くかかるので、手取りとしたら期待するほど増えません。

 

しかも、昇給、賞与がない会社はたくさんあります。

副業で増やす

次に副業で増やす方法。

 

今は副業が盛んな時代で、お金を使わない事を考えるより、お金を増やす方法を考えた方が、未来がまったく変わります。

 

なぜなら、お金を使わずに借金を返済しても、毎月返済していた分だけ幸せになるが、

 

副業の場合、借金返済後も多くのお金が入ってくるので、裕福な生活が送れる可能性が高いですよね?

 

しかも、副業することで、

 

お金を増やす行動時間>お金を減らす行動時間

 

になるので、スロットを打つという時間も無くなっていきます。

 

 

実際に僕の場合、月の半分以上は外食ですし、食費も月5万くらい使っています。

 

それでも、毎月きちんとカードローンの支払いをしていますし、ブログ収入はすべて貯金に回しています。

 

なぜ、食費に5万円も使えるかというと、本業の給料から貯金に回す必要がないため、本業の給料から返済にあてればいいと考えているからです。

一般的 kazu
生活費 給与 給与
貯金 借金返済に回す 副業収入
借金返済 給与 給与

 

実際に2020年3月のkazuの給与と副業収入と生活費はざっくりですが、以下の通りでした。

金額
入るお金 給与 22万円
副業 2万円
出ていくお金 生活費 16万円
借金返済 4万円
貯金 4万円

 

こうみると、生活費が高すぎるだろと思うでしょうが、大事なことは、

 

きちんと返済計画を持って返済する。

 

それだけですし、借金の額に途方にくれるのではなくて、

 

返済する方法を多く作る

 

これにつきます。

スポンサードリンク

借金返済と貯金を同時にするべき理由とは

 

「ブログ収入も返済にあてるべきでは?」

 

と思う人がいますが、そもそも貯金が全くない状態でしたので、

 

いざというときのお金が無いと、結局借金をしてしまう。

 

という事態に何度も陥ったからです。

 

僕は、カードローン2社から借り入れしているのですが、手軽にいつでもキャッシング出来てしまうので、いざお金がなくなるとすぐにキャッシングしていました。

 

これでは本末転倒なので、僕は高い返済利子がかかったとしても、最低でも返済と同時に貯金することを強くお勧めします。

 

もちろん、借金を多く返せるときは多く返すべきで、贅沢な生活をするべきではないです。

 

しかし、意識として、借金を抱えていない人と同じ生活レベルを保ちつつ、返済と貯金をきちんと両立させることが、精神的な余裕が生まれます。

スロットを仕事意識でやる方法もある

それでも、ギャンブル依存症の人はやめたくてもやめられないのが現状です。

 

その気持ちは痛いほど分かります。僕がそうなので。

 

せっかく禁スロ、禁パチをして借金の返済が進んでいる中で、魔がさしてしまい、再びギャンブルに溺れてしまうこと。

 

その気持ち痛いほど分かります。僕がそうなので。

 

僕は、本業以外にブログ収入を得ているのですが、実はジャグラーもずっとやっています。(現在、新型コロナウイルスの関係でジャグラーは自粛中です)

 

2019年7月に、たまたまブログでジャグラーで稼ぐ方法を見つけました。

「ミリオンゴッド凱旋」や「ハーデス(今はないですが)」ばかり打っていた超養分からすれば、最初はまったく興味がありませんでした。

 

しかし、スロットを打ちたい欲と、これ以上凱旋、ハーデスを打ち続けるのはさすがに自己破産が待っているというブレーキの中、

 

kazu
kazu
スロットを副業にすればよくない 

 

という結論にいたり、ジャグラーの指導を受けていました。

 

ジャグラーに関する記事は、また別途作成しますが、お店のデータ採り、うつべきポイント、マインドを教えていただきました。

 

正直プラスではないですが、ほぼ毎日実戦して少しのマイナスで食い止めております。

 

この場合は、勝つというよりは負けずにスロットを打つという方が正しいのかもしれません。

 

あまりお勧めしませんが、スロットを仕事として真剣に取り組むと、勝つ事の楽しさ、負けてイライラすることもない、依存症を気にしなくてもすむ。

 

などの効果があります。

まとめ

スロットで借金をしている僕の考え方を理解してもらうと、借金返済の苦しさも少しは楽になるかと思います。

最後にこの記事の内容を整理しますね。

 

借金返済の極意4点

・借金を返済するには、収入を増やす事を意識。

・給与以外にも収入源を作る。

・借金返済と貯金は同時に。

・スロットをやるなら仕事意識でやること。

 

借金返済時はどうしても、節約節約と考えてしまいます。

 

勿論、借金をしているのは自分が悪いので、そこは大いに反省しなければいけません。

 

僕は借金を背負った事で、副業するきっかけが生まれたので、そこは良い転機と捉えています。

 

会社員で収入を上げるのは、今の時代なかなか厳しいので、副業した方が、簡単に収入を増やすことが出来るので、視野を広げてものごとを考えましょう。